緩和ケア

You are here:

生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のQOLを、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで、苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチのことをいう(2002年、WHOによる定義)。具体的には、痛みやその他のつらい症状を和らげること、死にゆくことを自然な過程と捉えること、患者が最期まで能動的に生きる支援を行うこと、患者との死別後も家族が対処していけるよう支援すること、QOLを高めること、などのアプローチが挙げられる。ほぼ同義として使われる言葉にホスピスケアがある。