要介護認定

You are here:

日本の介護保険制度において、被保険者が寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする状態であることを保険者が認定すること。また、そこまででないが、被保険者が家事や身支度等の日常生活に支援が必要であり、特に介護予防サービスが効果的な状態であると保険者が認定することを「要支援認定」という。要介護認定には5段階、要支援認定には2段階ある。