36(さぶろく)協定

You are here:

労働基準法36条に基づく労使協定。会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働を命じる場合、労働組合などと書面による協定を結び、労働基準監督署に届け出ることが義務づけられている(上限は原則として1カ月45時間まで時間外労働が認められている) 。届け出をしないで時間外労働をさせると、労働基準法違反(6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金)となる。