リキッドバイオプシー

You are here:

内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取する生検(バイオプシー)とは異なり、血液からがん細胞由来のDNAを採取してがんの診断や治療効果予測を行う方法。低侵襲のため患者負担が少なく、腫瘍組織に比べて得られる情報の均一性が高いことから、より的確な診断・治療につながる手法として注目され、開発が進められている。