免疫チェックポイント阻害薬

You are here:

 がん細胞に備わっている免疫細胞からの攻撃をかわす能力を発揮させない治療法(免疫チェックポイント阻害療法)を行うために開発された薬。ニボルマブ(商品名オプジーボ)が有名。免疫細胞表面から出ている物質(PD-1など)とがん細胞表面から出ている物質(PD-L1など)が結合することで、免疫細胞はがん細胞への攻撃を中止するが、この結合反応が起こるところ(免疫チェックポイント)を作らないことで免疫細胞が本来持つがん細胞を攻撃する力を発揮させることをねらう。すなわち、免疫チェックポイント阻害薬はがん細胞と免疫細胞が結合して攻撃を中止する要因となる物質(PD-1やPD-L1など)が結合する前にこれらの物質に結合して、免疫細胞ががん細胞への攻撃を抑制する機能を持つ機会を与えないようにすることをねらう。

Previous リキッドバイオプシー
Next 分子標的薬
Table of Contents