分子標的薬

You are here:

がん・自己免疫疾患などの治療で、特異的にあるいは過剰に発現している分子を標的にして、その分子が及ぼす作用を抑える治療を「分子標的治療」といい、そのために使われる薬剤が「分子標的薬」と呼ばれる。
乳がん治療で用いられるハーセプチンや悪性黒色腫、非小細胞肺がんなどの治療で用いられるオプジーボは分子標的薬である。

Previous 免疫チェックポイント阻害薬
Next 子宮頸がんワクチン
Table of Contents