内視鏡検診

You are here:

胃内視鏡検査については3年に1回の受診で胃がんの死亡率が30%低下するという研究が報告されている。その一方で衛生管理の不備による感染、前処置の喉頭麻酔によるショックや穿孔・出血などが起こるリスクがある。