がん抑制遺伝子

How Can We Help?

You are here:
Print

細胞増殖を抑制したり、DNAの傷を修復したり、アポトーシス(細胞死)を誘導したりする働きをする遺伝子。DNAの傷が蓄積するとがん化に結びつくが、これを修復し、異常細胞の増殖を抑えることからがん抑制遺伝子とよばれる。「p53遺伝子」、「RB遺伝子」、「MLH1遺伝子」などが知られている。また乳がんの原因遺伝子としてよく知られる「BRCA1」や「BRCA2」もがん抑制遺伝子であり、これらに変異があると乳がんの罹患リスクが非常に高くなる。

Previous AYA世代
Next キメラ抗原受容体(CAR-T)導入細胞療法
Table of Contents