受動喫煙

You are here:

喫煙者からたばこの先から出る煙(副流煙)と喫煙者が吐き出した煙を受けること。関節喫煙、二次喫煙などとも言われる。副流煙には、主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍あると言われ、受動喫煙により、がん・脳卒中・心筋梗塞・呼吸器疾患などの罹患リスクが高くなることが確認されている。

Previous 副流煙
Next 観光医療
Table of Contents