副流煙

You are here:

喫煙者の煙草から立ち上る燃焼温度の低い煙。喫煙者がフィルターから吸う煙(主流煙)は、吸うときに酸素が引き寄せられ、燃焼温度が上昇することで有害物質が分解されるとともにフィルターを通すことで煙を吸入するときには有害物質がほとんど除去されている。一方、副流煙は有害物質の多くが分解されず、フィルターも通していないため、有害物質がより多く含まれる。