地域医療構想

You are here:

都道府県が策定することを義務付けられた計画・構想。地域医療構想では、医療資源を効率的に活用し、切れ目のない医療・介護サービスを提供するための体制づくりが求められる。
2014年に成立した医療介護総合確保推進法によって都道府県による策定が義務付けられた。将来の医療需要と病床の必要量を推計し、地域の実情に鑑みながら策定を進めていくことが求められる。