医師の地域偏在

You are here:

対10人口万人あたりの医師数が地域で大きく異なる現象。2004年から導入された新臨床研修制度で、多くの医師が初期研修先に都市部の病院を選ぶようになり、大学病院で研修しなくなった。そのため、大学医局に所属する医師が大きく減少し、大学病院が地方や僻地の病院に医師を派遣する機能を失ったことが最大の要因とされる。