アミロイドβタンパク

You are here:

アルツハイマー病の病理学的特徴の一つである老人斑の主要構成成分。アミロイドβタンパクには神経細胞毒性があり、アルツハイマー病患者の脳に蓄積異常があることが知られている。神経細胞外に蓄積し、軸索やシナプスの周囲に沈着することで脳神経細胞のネットワークを遮断すると考えられている。